正常な妊娠・分娩とは


以下の条件を満たして、妊娠中を健康に過ごし、妊娠37週以降で42週未満の分娩のことをいいます。

・逆子(骨盤位)ではない
・ふたご、みつごではない
・帝王切開をしたことがない
・合併症がない
・胎盤の位置に問題がない

現時点において健康な方、過去の妊娠、分娩が正常だった方、自然妊娠された方が対象となります。
当院では(公)日本助産師会「助産業務ガイドライン」を遵守し、定期妊婦健診を受けていただくこと、妊娠中に嘱託医(*)の診察と諸検査を必要数受けていただくことが必要です。
妊娠・分娩が正常に経過するためのご自分の健康管理もまた重要となります。
ご自分が自ら出産と向かい合い、命を慈しみ産み育てるというお気持ちをもって日常から備えていくことが最も重要なことと言えるでしょう。

●以下の項目に1つでも当てはまる方は当院ではお受けできません。


  •  合併症がある、(喘息、甲状腺機能異常など)
  •  感染症がある(B型肝炎、C型肝炎、HIVなど)
  •  子宮筋腫がある、又は子宮に異常がある
  •  子宮の手術をしたことがある(筋腫核出など)
  •  帝王切開をしたことがある
  •  血液型がRh(-)である
  •  前置胎盤と言われている
  •  胎児に異常がある(胎児発育遅延、奇形など)
  •  羊水に異常がある(羊水が多い・少ないなど)
  •  妊娠経過に異常がある(高血圧・高血糖など)
  •  多胎妊娠である(ふたご、みつごなど)
  •  逆子(骨盤位)がなおらない

以下の項目に当てはまる方はご相談ください。


  •  喘息の既往がある
  •  不妊治療による妊娠である
  •  高年初産である(35歳以上)
  •  肥満である
  •  前回の妊娠・出産で異常があった
    (早産、胎児異常、出血多量など)

 

●助産院の見学について


助産院での出産を希望される方には、あらかじめ見学を兼ねて来ていただいています。当院での出産について説明をさせていただきます。ご家族の方と一緒においで下さい。お一組、一時間かけてゆっくりじっくりコミュニケーションをとらせていただいています。(見学費用につきましては、「外来料金」欄をご確認ください。)

●健診内容


問診、体重・血圧・尿検査・子宮底・腹囲計測、児心音聴取など一般的健診腹部触診による子宮や胎児の状態を診察します。また、イトオテルミー温熱刺激療法を取り入れた全身状態のチェックや妊婦相談、アドバイスなども行います。

●市町村妊婦健康診査補助券


茨城県内の補助券は、当院でも使用可能です。他県の方は、各市町村との契約が必要なところもあります。直接、当院までお問い合わせください。

*嘱託医師および嘱託医療機関による健診及び検査


●嘱託医: 鈴木産婦人科医院  佐藤 正 医師 (水戸市東台1-10-19)
●嘱託医療機関: 水戸赤十字病院 (水戸市三の丸3-12-48)

市町村発行の無料券を使用します。ただし一部自費になることもあります。
産科医療補償制度 当院は加入医療機関です。